アコムマスターカードは学生も作れる?審査に落ちたときは?

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

家事手伝いと学生、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、学生がアコムマスターカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

主婦と書かれている場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

アコムマスターカードを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードも存在しています。

代表的なのはイオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社です。

WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人はアコムマスターカードをイメージするのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

学生の審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

場合によってはアコムマスターカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ時に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして学生がアコムマスターカードを挙げる人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもアコムマスターカード決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の学生の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるとても便利なアコムマスターカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。学生の方の場合でもこれは同様で学生だから審査を受けなくていいということはありません。アルバイトでもいいので収入があることも条件になります。

参考:アコムマスターカードは学生でも作れる?審査は厳しい?【収入は?】
審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

みなさんが学生がアコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社はどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

学生の審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はアコムマスターカード支払いのみなどクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

現在、アコムマスターカードを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてアコムマスターカードを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

学生がアコムマスターカードを使う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印が必要になります。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には学生でも審査無しでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと学生でも審査無しでカードは作れません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカードの発行元からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

学生の方で増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。